【体験談】「辞める前提で働く」は効果絶大|おかげで年収1000万円超え

free働き方・転職

※アフィリエイト広告を利用しています。

 

「辞める前提」てネガティブな印象。
「やる気がない奴」って印象。

でも今回の記事はむしろ「攻めてる」内容。
私がこれまで実践してきた「精神的自由」がテーマ。

平凡サラリーマンの私でも社畜にならずに年収1000万円を超えることができました。

※海外赴任でさらに額面1.5倍、手取りは1.8倍に!

就職活動中の学生さんや転職活動中の会社員の皆さんに是非とも読んでいただきたい内容で、会社選びキャリア形成のヒントが詰まっています。

こんにちは、オーストラリア在住の平凡会社員 moricです。TOEICスコア 865、IELTSスコア6.5、転職4回。過去の海外生活はニュージーランド2年間(就職)& シンガポール4年間(駐在)。※TOEICは860点を超えたら卒業すべき。その理由は「TOEIC860点最強」をご参照ください。

 

「辞める前提」による行動変容

まず結論。

「辞める前提」は効果絶大!

 

就活中や転職活動中の皆さん、どうやって会社を選びます? 譲れない条件は何ですか?あなたの働き方のこだわりは何ですか?

 

 

今回は「辞める前提」というのがポイント。

この前提をおくと、会社選びの基準働き方が大きく変わります。

では、その理由をご紹介します。

 

 

辞める前提だから、給料とか待遇面は “そこそこ” でいい

待遇は気にしない

高度なIT技術者の採用など特殊なケースを除き、どの会社に入っても初任給などそれほど変わりません。日本では。

アルバイトをしながら生活していた大学生にとっては数万円の違いは大きいかもしれませんが、これからの長い人生でのキャリア形成を考えた場合、その違いなんて無視できるレベル。

その違いにこだわって、目の前の数万円に目がくらんで会社を選んでしまうと後悔します。

 

給料や待遇は “そこそこ” でいいのです、辞める前提なもんで。

給与に差がついても、それから先のキャリアでいくらでも挽回できます。

私の実体験上、これは断言できます。

 

これからは欧米のように転職でキャリアを築いていくことが当たり前になっていきますし、それが自然な、”あるべき状態”です。

最近耳にするようになったジョブ型。でも世界的には昔からジョブ型が当たり前。グローバルスタンダード。日本が異常。

そう、終身雇用なんていう日本のスタイルが異常で、アレは経済成長が右肩上がりの時代にのみ機能する雇用制度だったのです。

 

global-standard

私は大学卒業後、すぐにニュージーランドに渡航し、半年間の語学学校を経て現地で就活。そこで2年働きました。なので、そもそも新卒で日本の会社に入社していません。

帰国後、複数回の転職を経て40代手前で年収900万円となり、その後余裕で1000万円超えました。

今働いている会社でも新卒で入社したプロパー社員の同僚と比べても、ビハインドは特に感じません。

むしろ、いつ会社を辞めても生きていける自信があるため、肩の力を抜いて働くことができています。(後で触れますが、残業や上司へのゴマすりも無縁)

 

純粋に何を学んで、どんなスキルを磨いていこうかな、ということだけにフォーカスできます。

ちなみに大学卒業後すぐにニュージーランドに渡ったのは、英語の必要性を強く感じていたためで、結果的に英語スキルが今の仕事でも活躍しています。

海外駐在員発|中学英文法と「音読」でオンライン英会話の効果を爆上げする方法
オンライン英会話は神サービス! でもオンライン英会話だけやっていても残念ながら上達しません。中学の英文法と音読を組み合わせることで劇的な効果を得られる方法を紹介します。

 

残念ながら、今は新型コロナウイルスの影響で、海外渡航の難易度は上がってしまいました。しかし、海外に行きづらくても、オンライン英会話など工夫次第で英語は習得できますし、英語に限らず、どんなスキルを持っておくべきか、という観点から就活や転職活動を行うことは大切。特に若いうちは、何が学べるか、何を吸収できるか、が全て。

辞める前提だから、何をどれだけ学べるかが重要

まず【若手社員向け】

OJTという言葉があります。On the Job Training の略で、職場の上司や先輩が、部下や後輩に対して、実際の仕事を通じて指導し、知識、技術などを身に付けさせる教育方法のこと。

良く言えば「現場での実践的なトレーニング」で、悪く言えば「ただ一緒に働いているだけ」。

20代で就職・転職する皆さんが、どのくらいOJTを受けられるか分かりませんし、受けられたとしても、会社によってそのクオリティーは全く異なり、正直なところ会社内部に入ってみないとその実態が分かりません。

OJTクオリティーは企業文化の影響を大きく受けます。人材を大切にし、しっかり育てる社風なのか、それとも、大量採用&大量離職を繰り返しているブラックか。

私は知識やスキルを身に付ける上で、このOJTの質こそがが大切だと思います。

せっかく、若くスポンジのような吸収力がある期間なので、良好な環境で効率的にノウハウを吸収すべき。若い時の「学び」は時間が経つにつれ複利の力が効き、将来的には大きなスキルに化けてキャリア形成に貢献してくれます。

【海外駐在員発】英会話の習得のポイントは?|英語学習と複利の関係
「複利の力」は魔法の力。まずは意識するところから始まります。複利を意識して何に取組むか(どんなスキルを習得するか)、どんなスキルの組合せが「複利の力」を増大させるかを意識してください。早く始めれば時間を味方にできます。

OJTについては、ネット上の情報を含め、ありとあらゆる手段を使って情報をかき集めるしかないですね、こればっかりは…。とりあえずのキーワードは「社風」


次に【ミドル社員向け】の内容。

ミドル社員は経験とスキルの積み上げがあり、それはメリットでもありデメリットでもあります。

  • メリットは純粋にその経験やスキルでお金を稼げるということ。
  • デメリットはその経験やスキルが「足枷」となり新たなチャレンジがしづらくなること。
社会はどんどん変化しているので、今有効なスキルが5年度に同じように有効でニーズがあるかなんて分かりません。でも、これまで頑張って積み上げてきた経験やスキル。それを手放すなんてもったいない!て思いますよね。
サンクコスト(埋没費用)に近い考え方。
対処法としては、今のあなたの経験・スキルを棚卸し&評価して、伸ばしていくものと捨てていくものを区分。その上で、伸ばしていくスキルに「今働いている会社のどんなリソースを組み合わせれば、進化させられるか?」を考えてください。

例えば、営業、マーケティング、経理という職種に、英語、ITというスキルの組合せだけでも、①営業×英語、②営業×IT、③マーケティング×英語、④マーケティング×IT、⑤経理×英語、⑥経理×ITといったスキルの進化があるわけです。

 

辞める前提なので、所属部署のしがらみなんて関係なしにガツガツ異動希望を出しちゃえばいいんです。スキルを進化させることが出来そうな部署に異動しちゃえばいい。

もし社内にそのようなチャンスがなければ転職しちゃえばいい。

 

 

辞める前提だから、その後の人脈形成が出来るかが重要

personal-connections

人的ネットワークは大切な無形資産

仕事に限らず、人生を豊かに出来るかどうかにも影響します。ビジネスにおいては、特に40歳以降の後半戦において、その人脈は効果を発揮します。

辞める前提での人脈形成のポイントは、面白そうな人かどうか、につきます。

 

辞める前提なので、社内のゴマスリ不要!

これは気が楽。円滑に業務ができるレベルで他者との関係を維持すれば良いのです。飲み会も最低限の参加でOK。

それよりも、退職後でも繋がり、有益な情報交換が出来そうな相手かどうかだけが、交流を深めるか否かの判断基準。

 

 

辞める前提だから、残業しない!

残業中のオフィス

これ超重要。時間の使い方の話です。

辞める前提であれば、そしてロジカル系思考の人であれば、自ずと残業しない方へと進むはず。

時間は限りあるリソース

辞める前提で働いているのだから、将来のことを考えると、やるべきことは山積み。なんか雰囲気的に帰りづらいという気持ちでオフィスに留まり、その貴重な時間を浪費するなんてもってのほか。

いいんです、さっさと帰宅しちゃえば。いずれ辞めるんですから。

 

「辞める前提」をおくことにより、様々なシーンで行動変容につながります。

そして、それらの行動変容は、あなたを効率的で生産性の高いビジネスパーソンに育て、またリタイア後も人生を豊かにしてくれます。

さよなら、残業。

【元社畜】残業をやめたら人生が好転した件について|上司が無能なら転職一択
残業好きなんていないはずなのに、実際は多くの人が残業しているという現実。日本には「残業 = 頑張ってる」という謎の美徳があるせいでしょうか?私は残業しません。その理由をご紹介します。

【注意】 ただし、本当に残業での対応が必要なケースはしっかり残業して責任を全うしてください。四角四面に残業NGと言うつもりはありません。私は普段は残業しませんが、ここぞという時は徹底的にやります。それが同僚の支援であるならなおさら。おかしな話ですが、普段残業しない人が同僚のピンチの時に残業してサポートすると、すこぶる評価が上がります。

 

まとめ

sunrise beach

辞める前提だから、
給料とか待遇面は “そこそこ” でいい
何をどれだけ学べるかが重要
その後の人脈形成が出来るかが重要
残業しない

 

そして、その会社である程度の年月が経ったら…

辞めてもイイし、辞めなくてもイイです。

「やっ、辞めんのかーーーい!」と突っこまれそうですが、場合によっては辞めずにその会社に残るのも全然あり。

「辞める前提」で話を進めてきただけで、辞めてくださいとは言ってません。その時の状況で判断すればよいです。

ただ、「辞める前提」で会社を選び「辞める前提」で働いてきたあなたは、終身雇用を前提に働いてきた同僚との間には、確実な「差」が生まれています。

マインドセットの差や、スキルの差。

人間力の差。

会社に依存せずに生きていこうとする精神的自由。

なので、その会社に残っても上手くいくでしょうし、周囲からは、肩の力を抜いて大らかに働いているように見えるでしょう。

もちろん、転職しても新しい環境で活躍できる素養は仕上がっていますので、キャリア形成の過程でどんどん転職していけば良いと思います。

行動することが何より大切。
行動が全てを生み出します。

辞める前提で入社するときのポイント | 実体験からの気づき
辞める前提で入社するという考え方は、日本でも今後スタンダードになっていくかもしれません。実際に海外では転職を繰り返しながらキャリア形成していくのが一般的。私が住んでいるオーストラリアでも同様。「転職を繰り返す」ということは、辞める前提で入社しているということ。

 

 

【応用】その経験をアウトプットして稼ぐ(副業収入)

blog-income

あなたが辞める前提で働いてキャリア形成していく過程をブログでアウトプットすれば、収益化することが可能。(私の年収は本業1000万円超+副業ブログ収入)

なぜならば、多くの人が終身雇用の終焉を感じ、新たな働き方を模索しているからです。

あなたが今「moric blog」を読んでいるように、自由な会社選びや自由な働き方を教えてくれるのは教科書やセミナーはなく個人の実体験

あなたの行動とキャリアの軌跡をブログ記事にして公開することで、誰かの役に立ち、結果的に世の中に付加価値を提供していくことになります。

その付加価値を収益化するのです。

副業としてのブログ収入が安定すれば、より一層アグレッシブなキャリア上の挑戦が可能になり、それをまたブログで公開することにより内容の濃い情報を提供でき、好循環が生まれます。

【キャリア形成の過程をブログで公開すべき理由 】

  • 多くの人が終身雇用の終焉を感じ、新たな働き方を模索しているから。
  • 各個人の実体験が最も参考になる情報だから。
  • ブログ記事が付加価値となり収益化できるから。
  • 安定的なブログ収入とさらなる挑戦による好循環が生まれるから。
blog-income
ブログで稼ぐ仕組みは広告収入。主に以下の2つが使われています。
  • Googleによるアドセンス広告
  • 商品を直接紹介する、アフィリエイト広告

あなたが利用したサービスや商品を実体験と共にブログで紹介。もし読者さんが興味を持ってサービスを購入したら、あなたに紹介料が入ります。

ブログはアメブロなどの無料プラットフォームで書くことも可能ですが、無料ブログは広告の制限があったり、運営者の方針でアカウントが停止されるなどのリスクがあります。よって、副業ブログを始めるなら、自分で契約する WordPress一択。

 

また、ブログを始めるには、サーバー(ネット上の土地のようなもの)のレンタルと独自ドメイン(ネット上の住所のようなもの)の取得も必須。

WordPressも含め、全てが一度に入手できるのが「エックスサーバー」です。

エックスサーバーには「WordPress簡単インストール」という機能あり、手軽にWordPressブログの開設することができます。

従来、WordPressを始めるためには以下5つの登録・設定作業がそれぞれ必要でした。

  1. WordPressを始めるのに必要なもの
    1. レンタルサーバーの契約
    2. ドメイン名の取得・設定
    3. WordPressテーマのインストール
    4. SSLの設定
    5. WordPressの設置
エックスサーバー」なら、これら全工程を全て自動で進められます。
実際、この「moric blog」も エックスサーバースタンダードプランを利用して、開設・運営しています。
x-server
また、「moric blog」のWordPressテーマは、無料の「Cocoon」を使用。
「Cocoon」と「エックスサーバー株式会社」は2022年から業務提携しており、利便性が更に高まりました。

ブログ開設については様々な情報が紹介されていますが、私の結論は、

コメント

タイトルとURLをコピーしました