辞める前提で入社するときのポイント | 実体験からの気づき

resignation働き方・転職

※アフィリエイト広告を利用しています。

 

もしかしたら辞める前提で入社するという考え方は、日本でも今後スタンダードになっていくかもしれません。

実際に海外では転職を繰り返しながらキャリア形成していくのが一般的。

私が住んでいるオーストラリアでも同様。同僚はバンバン転職していきます。それを他の同僚たちは応援します。

「転職を繰り返す」ということは、みな辞める前提で入社しているということです。

 

こんにちは、オーストラリア在住の平凡会社員 moricです。TOEICスコア 865、IELTSスコア6.5、転職4回。過去の海外生活はニュージーランド2年間(就職)& シンガポール4年間(駐在)。※TOEICは860点を超えたら卒業すべき。その理由は「TOEIC860点最強」をご参照ください。

 

 

辞める前提で入社する際のポイント

私自身、これまで悩みながら&転職しながらキャリア形成してきました。うまくいった転職ばかりではありませんでしたが、悩みながらも楽しい会社員人生を送れています。

最初に会社員になった時もその後の転職時も、辞める気まんまんで入社したわけではありません。

しかし結果的に転職しながらここまで生き延びてこれたことを考えると、少なくとも「定年退職まで勤め上げる!」的な思考は皆無だったとしか言いようがありません(笑)

今回は「辞める前提で入社するときのポイント」を実体験をベースにまとめました。少しでもお役に立てれば幸いです。

 

付加価値

value

まず「働く」とは何でしょうか?

私の解釈は、

働くとは「付加価値の提供」

付加価値の提供とは、つまりは 誰かの、何かの役に立っている ということ。社会に貢献しているということ。

 

職業にはそれが見えづらい(複雑で分かりづらい/間接的で分かりづらい)ものもあります。

しかし、所得があるということは間違いなく付加価値が発生しているということです。

 

  • その付加価値の提供が社会に貢献し、循環している。
  • その価値提供の対価として所得がある。
辞める前提で入社し、働き、実際に辞めて、次の会社でキャリアを築く。まったく問題ありませんが、常に「自分が提供できる付加価値は何か?」を意識したほうがイイと思います。
そうすれば、磨くべきスキルが明確になりますから。

axis

これまでの経験上「軸」はとっても大切。
自分のキャリアの「軸」を持つべき

例えば、同じ業界内で、同じ職種で転職しても、あまり成長できないかもしれません。会社や同僚が変わったも事業内容や求められるスキルが同じだからです。

それより、違う業界や違う職種にチャレンジする方が(越境転職といいます)、新しい「気づき」がたくさんあるでしょう。

もちろん大変だと思いますが…。

ただし、むやみやたらに越境転職しては効率的やキャリア形成は望めませんし、ただ飽きっぽい性格だと思われるリスクすらあります。

業界や職種を変えるとしても、強い「軸」をもって戦略的に転職計画を組むべきです。辞める前提で入社する場合、強い「軸」をもったキャリアプランが必要。

 

ちなみに私の「軸」は、会計グローバル(英語)です。

人間関係

daily-life

「会社」はただの「器(うつわ)」です。

  1. 成長の機会を与えてくれる場
  2. 自分が生み出す付加価値を表現する場
  3. その対価を受け取る場

それ以上でも、それ以下でもない。
ただの「器」なんです。

なので会社への忠誠心は不要。私的には奴隷みたいで気持ち悪いです。

せいぜい「愛着がある」くらいがMAX。

しかし、その会社という名の器の中で働いている「」は別。人との繋がりは大切にすべきだと思います。実際、上司や先輩から学ぶことは多く、困ったときにはアドバイスをもらえます。感謝すべきです。

よって、いくら「辞める前提で入社する」ことを考えているとしても、常に感謝の気持ちを忘れちゃダメ。そして不義理なことはすべきではありません。

いつ、どこで出会うかもしれませんし、ビジネス上での繋がりがあるかもしれませんから。

 

まとめ

sea
1.付加価値 ← 常に意識!
2.    ← 常に意識!!
3.人間関係 ← まじ大切に
「辞める前提で入社する」というのは「定年まで働く前提で入社する」より真剣に自分の人生設計を考える必要がありそうです。
でもそれが出来ればキャリアに広がりが出て、面白い未来が待っているかもしれませんね。
私自身、20代の頃にはオーストラリアで働くことになるとは思っていませんでしたから(笑)
最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました