【男の逸品】海外赴任・海外移住に持っていけ!| 私の愛用品をご紹介

overseas-useful-goods海外駐在

※アフィリエイト広告を利用しています。

 

海外赴任の内々示を受けたので、ぼちぼち準備を始めます。正式な人事発令&渡航までにはまだ時間があるので、ゆっくり進められそうです。

こんにちは、moric(40代前半、会社員)です。TOEICスコア 865、IELTSスコア6.5、転職4回。海外生活はニュージーランド2年間(就職)& シンガポール4年間(駐在)。今は日系メーカーの海外事業部で働いています。※TOEICは860点を超えたら卒業すべき。その理由は「TOEIC860点最強」をご参照ください。 追記:2023年7月からメルボルンに駐在中

外国で生活を始める時、何を日本から持っていくか悩みますよね。そこで、過去の駐在経験に基づいて、持っていくべき便利グッズをご紹介します。

ただし今回は ”40代50代の男性に刺さる「逸品」たち”。全て実際に私が使用しているものたちです。変換プラグなど定番グッズは対象外。また現地調達できそうなもの(キッチン用品、洗濯用品など)も今回は対象外です。

 

渡航先の環境を知ることは重要

foreign-country

これから住む国の状況を知ることは重要です。特に、次の3つは海外生活のベースとなるものですので、事前にしっかりと情報収集しましょう。

  • 気温・天候【衣服に影響】
  • 生活スタイル【所有? シェアリング?】
  • 物価【何が安くて、何が高い?】
また、一時帰国や旅行などで他国に行く場合のことも想定し、機能性の高い衣類(例えばパッカブルのインナーダウンのようにコンパクトで高機能なウェア)を準備することも大切です。

便利な「逸品」

それでは私がオススメする「逸品」たちをご紹介します。共通するのは次のポイントです。

■ 機能的であること
■ コンパクトであること
■(出来れば)使い慣れていること

生活編

携帯ウォシュレット

washlet

一つ目がウォシュレットで恐縮ですが、必需品です。日本では一般的ですが、海外ではほとんど普及していません。シンガポールのどこかのホテルで見たことがある程度です。

お尻が弱点の方、オススメです。私がもっているTOTOの製品は電池式で使い方も簡単。

海外向け炊飯器

単身赴任であまり自炊しない方も、家でお米は炊けた方がいいです。外でオカズを買って、家で米を炊けばなんとかなります。日系スーパーがあれば日本のお米も買えますし。家族帯同の場合ももちろん必需品ですね。


 

愛用のサプリメント

supplement

国によっては現地でも多種多様なサプリメントを買えます。しかし、生活に慣れるまでは日本で慣れ親しんだブランドのサプリメントを服用した方が安全。 新しい環境に体が順応するまでは心身ともに消耗するからです。

私が長年愛用しているのは「ディアナチュラ・ストロング39アミノ・マルチビタミン&ミネラル」です。次の海外赴任へも多めに購入し持っていく予定。

身だしなみ編

モンゴ流シャンプー

shampoo

かれこれ10年近くこのシリーズを愛用しています。モンゴ流シャンプー、最高です。旅行や出張の際も小さいボトルに入れて持参。コンディショナーも使っており、今43歳ですがフサフサ。

self-photo

今回は「海外生活にもっていく便利グッズ」という記事ですが、海外とか関係なく全ての男性にオススメ。特に薄毛に悩んでいる、または将来悩みそうな男性に是非試してみてほしいです。洗いあがりもよく、ボリュームが出ます。

履きなれたメーカーの革靴(2足)

leather-shoes

leather-shoes

足元は超重要です。靴が合わないと、全ての調子が狂うのは私だけでしょうか。スニーカーはサイズが少々合わなくても、元々の素材が柔らかいのでストレスは感じません。しかしビジネス用の革靴は別。日本で履いている自分の足にフィットしたものを2足は持っていくべきです。現地でもフィットする革靴に出会えるかもしれませんが、少なくとも生活に慣れるまでは、日本と同じモデルの方が安心です。

ちなみに私が愛用しているのは、コール ハーン(Cole Haan)のカッチリした革靴と、写真のリーガル(REGAL)の少しカジュアルなドライビングシューズです。使用頻度が高いのは圧倒的にリーガルなので、これを2足もっていきます。

サイズ選びには注意してください。大きいです。私は普通25.5cmの革靴を履くことが多いのですが、この「リーガル」は24.5cmを履いています。

趣味編

一眼レフカメラのレンズ(2本)

lens-camera

 

lens

私の愛機は「Sony| α6400」で、レンズは主にSIGMA|単焦点レンズSony|高倍率ズームレンズの2つを使っています。

SIGMAの単焦点レンズ「30mm F1.4 DC DN | Contemporary C016」は開放値F1.4の明るさを持つ大口径標準レンズで、”ボケ感”を楽しめるレンズです。もう一方の高倍率ズームレンズは、広角から望遠まで幅広い焦点距離を1本でカバーできる守備範囲の広いズームレンズ。

この性質の異なる2つのレンズ【 単焦点 & 高倍率ズーム 】があれば、色々な景色に出会える海外生活でもイケてる写真が撮れるでしょう。(私の腕前次第やん)


パタゴニアの短パン

shorts-patagonia

shorts-patagonia

これは優秀すぎる短パンです。パタゴニア(Patagonia)のバギーロング7インチ(Baggies Longs-7)、名作。暑い日の普段着として、ランニングパンツとして、水着として、水陸両用で万能な短パンです。これを持っていない人、意味わかりません。

ただ、サイズ選びには注意してください。大きいです。私は170cm60kgの筋肉質体系で「XSサイズ」がジャストフィット。少しゆったりめが好みの場合は「Sサイズ」が良いです。

 

まとめ

海外赴任・海外移住に持っていくべき便利グッズ「40代50代の男性に刺さる逸品たち」をご紹介しました。セレクトショップみたいになっちゃいましたね。

でも、本当にどれも ”逸品” です。共通点は、

■ 機能的であること
■ コンパクトであること
■(出来れば)使い慣れていること

海外渡航の準備は大変ですが、新しい生活を想像しながら準備自体を楽しんでみてください。

あとは、しっかり語学力を高めておくことです。私も頑張ります。

関連記事 【保存版】英会話の始め方とオススメのオンライン英会話を徹底解説!

海外駐在員発|中学英文法と「音読」でオンライン英会話の効果を爆上げする方法
オンライン英会話は神サービス! でもオンライン英会話だけやっていても残念ながら上達しません。中学の英文法と音読を組み合わせることで劇的な効果を得られる方法を紹介します。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました